私のウオーキング雑感・第1弾

七戸ウオーキングクラブ
会長 倉本 貢

会長 倉本貢氏 雑感とは、種々まとまりのない感想の意味です。
この文に眼留まった方は、笑って読んでいただければとの思いです。
 1.私のウオーキングの始まりは!
 定年退職後、七戸町社会教育指導員として、教育委員会に勤めた時に、現七戸町長(当時は副町長)から、地域の健康対策としてウオーキングうんぬんと一声があり、「いつでも健康でありたい、いま以上に健康になりたい」このことは万人の切なる願いであります。
 今は、「健康は自分で守り育む」時代であります。その重要性を知ったことから、私の地域健康づくりの出発点とウオーキングの始まりです。

 2.なぜウオーキングを!
 ウオーキングは、
(1)「何時でも」「何処でも」「何も無くても」子どもから高齢者まで気軽に親しめる国民的な軽スポーツであります。
(2)また、運動不足の解消や精神的健康(ストレス解消)の力としても、効果の期待がある健康スポーツでもあります。
(3)さらに、人とのつながる力と社会生活に参加する社会性の力を芽生えさせてくれる生涯スポーツでもあります。
 このようにウオーキングは、それぞれの効用力の接着剤の役割となって、私たち一人一人の「生きる力」と地域の「健やかな力」を育む、大きな推進力にもなっています。
 町民の多くの方々に“ウオーキング”していただき、人とつながる大切さ・参加する楽しみ・活動する喜びを味わい、春の桜・初夏の新緑・秋の紅葉などの四季の自然美にふれて感動し癒される、歴史や文化、名所・景勝地を巡り新しい発見に感嘆の声をあげる、そして歩きながら風雅な眺めも堪能できるウオーキングで「健康づくり」ができれば、最高であると考えたものです。

 3.講座・行事でのウオーキングとは!
 各講座や各行事の中に、必ず無理なく歩けるコース、歩いてみたいコースを見つけて、それぞれの講座の主目的を損なわないように配慮してウオーキングを組み入れて、歩く習慣の定着と運動不足の解消を図ることを試みたところです。
 実際に一歩一歩、歩く速度になって、はじめて見えてくる自然の絶景、小鳥や虫の声を間近に楽しめることこそが、ウオーキングの一番の魅力です。
 講座を終えた参加者は、皆この魅力を肌で感じながら、健やかな自分自身を発見し、活き活きとした顔で帰宅します。もちろん講座に参加する人たちは、歩くことを目的としているわけではありません。ウオーキングに抵抗することもなく、講座への参加者が倍増し、やむなく抽選としたこともありました。

 4.七戸町のウオーキング団体の状況
 講座の中のウオーキングから、広がりが見られ、次々とウオーキング団体が誕生しています。
(1) 七戸町教職員退職の会ウオーキンググラブ
(2)七戸町保健協力委員主幹のウオーキング
(3) 七戸町スキー場主催のスノートレッキング
(4)七戸町商工観光課主管の「しちのへ七里ウオーキング」春・夏・秋の年3回実施。
(5)各町内会で実施している家族ウオーキング
(6) 七戸ウオーキングクラブ 月1回定例会
 現在会員27名、会員の職業は様々ですが、アットホームな雰囲気で、爽やかな汗を流して、ウオーキングを楽しみながら続けています。

 5.さあ今からウオーキング始めよう!
 歩く習慣化は、老化の防止とさまざまな病気の予防と改善に役立ち、今後の人生を「健やかに」過ごすための重要な基本となります。
 さあ今年も元気でウオーキングを始めましょう。
 本年度もご指導よろしくお願い申し上げて、稿を閉じます。 (次回に続く)