第7回七戸ウオーキングクラブ例会
「ゆるりしちのへ七里ウオーキング「秋・里の秋色コース」 2015.9.27(日)

 今回は、青森県ウオーキング協会と市町村の各クラブと連携した事業の一環としてのウオーキングでした。(県ウオーキング協会HPに掲載)
 出発式では、県内外からの参加者と関係者100名に対し、実行委員長の似鳥副町長挨拶からは歓迎と激励の挨拶がありました。
 七戸ウオーキングクラブ員は、実行委員会の担当メンバーとして、ある会員は「わの会」の会員として昼食の準備係として、参加者の御もてなしなどで陰の力で関わっていました。
 また、隣の会場で児童館まつりの担当者などがいて、ウオーキングの参加者は8人の小人数となりましたが、他市町村から参加された方々と交流を深めるなど御もてなしの一役を担いたウオーキングだったと思います。
 参加者たちは「健脚コース」と「のんびりコース」に分かれて七戸役場支所前からスタート。途中で、休憩地で配布された七戸の銘菓・駒饅頭と水分の補給で一息いれて、今回の見どころ県指定有形文化財「見町観音堂」を見学。七戸ガイドの会の新田会長、濱中副会長の案内で見学。ゴール地点では、「人形の舘」奈里多究星氏の人形展示館など見学。美しい幻想的な世界に魅了されました。改めて七戸町の歴史と文化の重みを感じながら、約8㎞の道のりをマイペースで爽やかな心地よい汗を流すことができました。
 昼食では、「わの会」の地元ボランティアたちの手作りの郷土食に一同舌鼓を打って味わうなど、七戸町ならではの魅力を体感できたウオーキングでした。

 最後になりましたが、七戸町役場商工観光課の田島課長はじめスタッフ一同に心から感謝申し上げます。

 

(七戸ウオーキングクラブ 倉本記)

ゆるり七戸1
ゆるり七戸2
ゆるり七戸3
ゆるり七戸4

印刷用に別ページで表示する