平成28年度 第3回七戸ウオーキングクラブ例会
「十和田市・稲生川せせらぎコース」    2016.6.19(日)

 不毛の大地「三本木原台地」を都市へと変貌させた水路の開拓事業に着手(1855年)したのが、五千円札の肖像・新渡戸稲造の祖父で、南部盛岡藩士・開拓の祖 新渡戸傳(にとべつとう)と長男 十次郎(稲造の父)、孫 七郎である。
 傳は、農民たちの生活を救うために、4年もの歳月をかけて不毛の荒野に、奥入瀬川から水を引くことに成功し、この水路の完成により1860年秋、この地にはじめて米の収穫がもたされました。これを視察した時の盛岡藩主・利剛(としひさ)公は、水路の川を「稲生川」と命名された。
 現在の十和田市は水田を潤すとともに、京都の市街を模した近代都市となり、稲生川も憩いの水辺として多くの市民に親しまれています。ボランティア団体によって、「稲生川ウオーキングマップ」も作成され、三本木開拓ゆかりを5コースに分けて紹介しています。

 本日のウオークは、第3コース「稲生川せせらぎコース6.4㎞」で、水 路沿いは町内会の住民が植えた花々で飾られ、桜並木・松大木とせせらぎの織り成すコントラストが美しいコースでした。参加者19名は、新渡戸家三代に及んだ偉業に感銘し、市民の心が生きている住民手作りの憩いの空間に癒されるなど十分満喫できたウオーキングでありました。

 

(七戸ウオーキングクラブ 倉本記)

集合写真
ウオーク1
ウオーク2
コース及び説明風景

印刷用に別ページで表示する