令和4年度「七戸ウオーキングクラブ例会第1回・第2回開催」
(七戸町のつつじコースと天間林総合運動公園の清掃ウオーク実施)

 コロナとの闘い3年目へ県内各地でもクラスターが発生し、不要不急の外出自粛と家に閉じこもることで運動不足の人が増えるなか、怖いのはコロナウイルス感染だけでなく、心身の健康を損なう「健康二次被害が心配」ですね。ウオーキング例会の開催の声が多くなりました。
 七戸ウオーキングクラブ内でも運営部会と事務局だけのミニ会合を開き、日本ウオーキング協会から通達があった「コロナ感染症下におけるウオーキングイベントの開催についての指針」を全員に配布して研修を行い、会員に基本的な感染対策の徹底をお願いしていました。
 令和4年度の例会4月17日「第1回七戸中央公園周辺コース・参加者25名」、5月8日「第2回七戸町つつじコース・参加者25名」を実施致しました。
 両コースとも七戸町民や観光客の散歩やウオーキングコースとして人気のある賑わいの場所です。事務局・運営部会の発案で社会貢献を目的に清掃奉仕活動ウオーキングとして実施することをお知らせして参加者を募集致しました。
 当日は好天気に恵まれて、会員はゴミ袋持参で25名の参加者がコース周辺の道路に落ちているタバコの吸い殻・空き缶・紙パックなど丁寧に拾い集めながら、久しぶりに皆で歩くウオーキングを楽しみ、2時間ほどかけて爽やかな汗と笑顔・笑顔が見られたウオーキングでした。

七戸ウオーキングクラブ

集合写真 1組
2組 3組
4組 ゴミ拾い

印刷用に別ページで表示する